成年後見

  1. 法定後見ってどういうもの?

    法定後見ってどいうもの? 法定後見人に与えられる3つの権限 ①「代わり身の術」(代理権)本人になり代わることができます。後見活動の中心となる魔法です。これを使えば「本人確認が」厳しい銀行の窓口でも、本人が手続きする時と同じ、預金を払い出し、口座を解約できます。

    続きを読む
    • 法定後見ってどういうもの? はコメントを受け付けていません
    • 成年後見
  2. 任意後見契約の三つの形態

    任意後見契約の三つの形態①「将来型」任意後見契約任意後見契約を締結するにあたり、現状本人が特に不安や問題意識を感じてなく、支援を希望していない場合には、将来、判断能力・事理能弁識能力が低下し任意後見契約が発行するまでの法的支援をしない「将来型」任意後見契約があります。

    続きを読む
    • 任意後見契約の三つの形態 はコメントを受け付けていません
    • 成年後見
  3. やっぱり家族が後見人になるの?

    後見人には誰がなるのか親族後見人は全体の2割以下成年後見を利用することになった場合、誰が後見人になるのでしょうか?後見人の決め方は、法定後見(身近な人のための後見)と任意後見(自分のための後見)で違います。法定後見では、家庭裁判所の裁判官が後見人を選びます。

    続きを読む
    • やっぱり家族が後見人になるの? はコメントを受け付けていません
    • 成年後見
  4. 成年後見には2種類あるって本当ですか?

    身近な人のための後見、自分のための後見。「法定後見」既に判断能力が低下した人を支援する制度です。認知症、知的・精神障害などで自分でお金の管理や様々な手続きをするのが難しい人の代わりに、後見人が本人の生活をサポートします。

    続きを読む
    • 成年後見には2種類あるって本当ですか? はコメントを受け付けていません
    • 成年後見
ページ上部へ戻る